スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千の風
2006年11月24日 (金) | 編集 |
昨夜のNHK『歌謡チャリティーコンサート』を見逃しました。
なんでも♪『千の風になって』が歌われたらしいというのを耳にして、、、
聴きたかった~(溜息)

先日本屋さんで見つけていたんです。
ちひろの絵だと思って手にとったら「千の風」でした。

千の風になって ちひろの空 千の風になって ちひろの空
新井 満、いわさき ちひろ 他 (2006/08)
講談社

この商品の詳細を見る

雑誌・中央公論に掲載された時の『白鳥の歌なんか聞こえない』の挿絵が「いわさきちひろ」さんでした。
もちろん雑誌なのでモノクロなのですが、これを発見した時はちょっとした驚きでした。

そして私が昨年のクリスマスイヴのGackt東京ドームライブの翌日訪れたのが「ちひろ美術館」でした。

ちひろ美術館


さて、私が『千の風』(原作は英文で作者不詳)を知ったのは
 「ラジオ黄金時代~喰われたヨウカンとかじられたミカン」のGacktのラジオレポを読んだ(1999/06/29放送分)時でした。

MALICE MIZERのKamiさんが亡くなった時にこの『千の風』の詩を紹介していて、放送を聴いてなくて後に知ることになった私ですがこの詩は頭に残っていました。
そしたら新井満さんがこの詩に曲をつけられて『千の風になって』のCDが発売されました。
そしてこの度「いわさきちひろ」さんの絵でまた発刊されたようです。

ちょっとうれしくなったので紹介してみました。

ちひろ美術館については別のBlogで書いてありますので写真だけ再掲いたします。

『千の風』の原作は諸説あるようでネット上にたくさんの訳詩があります。
是非ご一読をおすすめいたします。

ちなみに『ぼくの大好きな青髭』の中央公論掲載時の装画は
奥様の中村絋子さんです。

コメント
この記事へのコメント
紅白、楽しみです
「千の風になって」お教えいただいた「you tube」の検索でたどり着きました。
が、、、

クリックする前に躊躇してしまって紅白までおあずけにしました。
楽しみに待ちたいと思います。
有難うございました。

2006/12/29(Fri) 22:43 | URL  | かいくん@管理人 #NDT8XZsw[ 編集]
福島郡山での「チャリコン」名古屋から出掛け豪華演歌共演陣の中で秋川雅史さん異彩を放っての「千の風になって」堪能して参りました 歌の途中から周りもハンカチ、啜り泣き「you tube」で「千の風になって」検索されますとお聴き出来ます 
2006/12/29(Fri) 12:23 | URL  | ピッコロ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。