スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「白」の季節
2005年03月16日 (水) | 編集 |
まもなく庄司薫氏の『白鳥の歌なんか聞こえない』の季節です。
3/19~の話になっています。

白鳥の歌なんか聞こえない (中公文庫)白鳥の歌なんか聞こえない (中公文庫)
(2002/10)
庄司 薫

商品詳細を見る

この画像は2002年10月発刊の新装改訂版です。

ここでは昨年の「青」のコダワリについての「青色」に対して、
「白」は白に白色はなしなのでお楽しみにしておりました。

そして今回もここのバナーの色をコダワッてみました。
単行本のカバーをはずした時の本自体の白地に黒のタイトルと著者名。
そして、7ミリくらいの円形の「みどり」があるのです。
その色合いに似せてみました。

こうしてみてくると新装改訂版の色合いもなんとなく納得いくというものではないでしょうか?

昭和48年(1973年)8月の発刊の文庫本(中公文庫)には単行本にない解説が付してあり、さらに新装改訂版の文庫本には
「翌日読んでもらいたいささやかなあとがき」が付してあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。