スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新潮文庫『ぼくの大好きな青髭』
2012年05月31日 (木) | 編集 |
四部作の最後の作品がついに新潮文庫から発売されました。

今年は初春から初夏にかけて、
ワクワクしながら発売日を待ったっていうとちょっと大袈裟かもしれないけれど、
気持ち、そんな感じでありました。

季節的にも「赤」「白」「黒」と同時進行みたな感じで、
ま、「青」だけが季節的にはちょっと早めでしたが、
「青」自体の刊行が遅かったので、
「青」だけはいろんな意味でいつまでたっても異端児であります。

ぼくの大好きな青髭 (新潮文庫)ぼくの大好きな青髭 (新潮文庫)
(2012/05/28)
庄司 薫

商品詳細を見る


若者として死ぬのか、大人になって生きるのか。
永遠のテーマを描く、
不朽の青春小説
          帯より


「あわや半世紀のあとがき 4」が収録されており、
解説 評論家・坪内祐三(ツボウチ ユウゾウ)さんです。

気がつけば、あわや半世紀ですからね、古いファンは年を取りました。

老いこんで昔の想い出を懐かしむにしちゃ、ちょっと早いんじゃないですか? いや、もうだめですよ。目はかすむし、腰は痛むし、ツイカンバンヘルニアっていうんです。なあに、ちょっと植木鉢をもちあげようとしたらガクッときましてね、もう一生コルセットが離せません。老後の楽しみがいろいろ減りました……。
        庄司 薫 著『さよなら快傑黒頭巾』より 


ってなことになりませんように、お気をつけください。

若い人たちには、
庄司薫氏の著作は四部作に狼にバクに猫にと、あら、なんだか動物ばかり…
さらには福田章二なんてのもあります。
まだまだありますよ!
ちょっとネットでググればかなり情報が得られるようになりましたが、
自分の目で見て感じる、まずは読んでみることであります。


ところで、「青」の冒頭部分の新宿紀伊國屋へ、
東京へお上りさんの折には是非ともお伺いしたいと念じておりました数年前、
念願かなってG氏のライブ参戦で東京へ。
東京タワーから新宿、さらには東京ドームへと移動。

折しもクリスマスイヴという日でありましたから、
というわけじゃないかもですが、、、
いつもあんなに多くの人がいるのかと新宿駅から紀伊國屋書店を目指しておりましたが、
とうてい行き着かない。
立ち止まって(これも流れに逆らうわけで大変でしたが)、
写真1枚を撮るのが精一杯。

果してその1枚の写真がちゃんと新宿紀伊國屋なのか?
昨夜、新しい新潮文庫の『ぼくの大好きな青髭』の最初の1行目を読んで、
ギャッとなって、思ったのでした。

確かに撮った写真の看板は紀伊國屋書店とはなってますが、
ってことでストリートビューなんて便利な機能もありますゆえ、
ネットでググってみてあらびっくり。
どうやら撮った写真の手前の建物の方らしい。
ってことは今まで勘違いしてたんだわ、ってことです。
(この写真は ここのBlog「バクの飼主になろう@Blog-2」のどこかにあると思われます^^;)

「あわや半世紀のあとがき 4」にもありますように、
エスカレーターも健在のようで、
東京タワーに変わってスカイツリーも出来たことだしで、
またいつかの日か自分の目で見たいという希望的観測を抱いたわけであります。
スポンサーサイト
カバー装画
2012年05月18日 (金) | 編集 |
今年の春は「赤」から始まって、、、
四部作の残り「青」だけとなってしまいましたが、楽しめました。。
そんな中、カバー装画も楽しみのひとつでした。

今回の新潮文庫版の装画は長崎訓子(ナガサキ クニコ)さんです。
『チーズはどこへ消えた?』『金持ち父さん貧乏父さん』なども長崎さんの装画だそうです。


金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキ、シャロン・レクター(公認会計士) 他

商品詳細を見る



チーズはどこへ消えた?チーズはどこへ消えた?
(2000/11)
スペンサー ジョンソン

商品詳細を見る



HPより http://platinum-s.com/
Twitterは @nagasakiku です。


四部作もすっかり長崎ワールドに染まっていってしまうことでしょう。

今月末の『ぼくの大好きな青髭』も楽しみに待ちたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。