スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この写真は
2006年07月21日 (金) | 編集 |
2005年12月24日の午後3時過ぎ、
新宿紀伊國屋書店を目の前にしてあまりの人の多さに仰天して
自分がどんなに田舎者にうつっているかを
初めはちょっと相当気にしながら道路端で流れに逆らって立ち位置を決め、
パチリと撮ったものです。

 ※ 『ぼくの大好きな青髭』の冒頭部分と
   照らし合わせて読んでくださると有難いです。

つまりは、昨年のクリスマスイヴの夕暮れ近くに、
この場所でパチリと撮りました。

051224紀伊國屋書店

目指すは店内で、どんなに変わっていてもエスカレーターに乗って、
等と考えていましたが、
クリスマスイヴというわけか、週末の土曜日というわけか、
はたまたこれが日常の姿なのか分かりませんが、
人、人、ヒトの流れで、
紀伊國屋書店を目の前にして到底行き着けそうになかった、
というか行き着けても店内を散策する時間がなくて、
ギリギリの選択で断念したのでした。

そんな思いの1枚の写真です。
この後、もちろん東京ドームへと急ぎました。

スポンサーサイト
まもなく「青」の日
2006年07月18日 (火) | 編集 |
というわけで、ここを「青」のイメージに変えました。
代わり映えのしないことこの上なくて^^;

改めて「青」の日を説明しますと、
『ぼくの大好きな青髭』の書き出し部分です。

一九六九年七月二十日の午前十時少し過ぎ

からです。

ところで今年の春のニュースがちらりと頭をかすめています。
その後どうなったか?
興味をそそるところです。

コンチキ号漂流記 (偕成社文庫 (3010))コンチキ号漂流記 (偕成社文庫 (3010))
(1976/03)
トール・ハイエルダール

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。