スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
封印は花やかに
2006年06月23日 (金) | 編集 |
最後のところしか今のところ読んでいませんが^^;

丸山眞男―リベラリストの肖像 (岩波新書)丸山眞男―リベラリストの肖像 (岩波新書)
(2006/05)
苅部 直

商品詳細を見る



終章「封印は花やかに」にて
庄司薫氏に触れられております。

「変わりますが、変わりません」
これは岩波新書リニューアルのキャッチフレーズです。

先日(2006/3/23)のNHK『クローズアップ現代』で
「ベストセラーはこうして作れ~新書ブームの舞台裏~」の中で紹介されていました。

岩波新書2006年5月新刊です。


スポンサーサイト
キャッチャー・イン・ザ・ライ
2006年05月12日 (金) | 編集 |
2003/04に発刊された単行本の
ペーパーバック版です。

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)
(2006/04)
J.D. サリンジャー

商品詳細を見る



白水社のHP
http://www.hakusuisha.co.jp/




ワンス・アポン・ア・タイム…
2006年02月12日 (日) | 編集 |
本屋さんでタイトルの「赤ずきん」に目が留まりました。

なんたって「赤」の日が頭にあったものですから^^;

診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 (新潮文庫)診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 (新潮文庫)
(2004/08)
大平 健

商品詳細を見る


おもわず『赤頭巾ちゃん気をつけて』の最後のところを読みなおしたのはいうまでもありません。
全編読まないズボラなところが私^^;

そしてグリム童話・『あかずきん』と
庄司 薫著・『赤頭巾ちゃん気をつけて』の双方の記憶が曖昧であったため今さらな話ですが、
薫くんがどうして「あかずきん」の童話を選んだかというのが書かれてあるのでした。

私のリビング
2005年09月23日 (金) | 編集 |
『週刊文春』9月29日号(今週発売で今店頭に並んでいます)の「私のリビング」で中村絋子さんのリビングが紹介されています。

掲載は後の方のカラーページです。
銀婚式のお写真にひょっとして?
新潮4月号
2005年07月15日 (金) | 編集 |
第133回芥川賞の受賞者が決まりました。
受賞作の「土の中の子供」が新潮4月号に掲載されていたとのことで、ん?
「福田章二論」が掲載されていたので『新潮』は買ったけれど・・・

残念! 3月号まででした^^;

4月号の予告なんてのがないかしら? と
3月号の裏表紙をめくると、
「庄司 肇コレクション 全10巻」
とあるではないですか!

庄司薫にいつコレクションなんて・・・しかも10巻も・・・

そんなわけない!
よく観て!
「肇」と「薫」 
活字で見るとパッと見は似てる?
しかも庄司ときたら「薫」しか頭にないから^^;

スミマセン、よくやる早とちりです。

ところで芥川賞の作品。
新潮社のHPから「冒頭部分立ち読み」でホンのさわりだけ読めます。

[http://www.shinchosha.co.jp/shincho/index200504.html]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。